スマホ

Lightning端子は時代遅れ?iPhoneにUSB-C搭載が求められる理由

Lightningコネクター

いまだ最新iPhoneに採用されているLightning端子。多くのiPhoneユーザーがUSB-Cへの変更を求めていますが、USB‐Cに変わると得られる利点とは?

USB‐Cとの相違点と共に解説します。

Lightningコネクタとは?

Appleが2012年に発表した独自規格。iPhoneではiPhone5に初めて搭載されました。

当時主流だったUSB‐Bや、micro‐USBは裏表がある一方、ライトニング端子はどちらの面でも差せる画期的な規格でした。

しかし数年後、ある新規格の登場で優位性は無くなってしまいます。

USB-Cの登場

USB-Cコネクター

USB Type-C(ユーエスビー タイプシー)とも言われる新規格コネクターが2014年頃に発表されました。

こちらもLightningと同様に裏表逆差し可能であり、Lightningより以下の点で優れています。

  • 高速データ転送
  • 急速充電

1つ注意点ですが、USB-Cの中でも規格によって性能が異なるため、USB-Cとはあくまで形状の名前だと言うことを抑えておいて下さい。

ライトニングと比べた転送速度

USB‐Cの速さ

iPhone付属のUSB-Lightningケーブルでの転送速度は0.48Gbps  ※iPadは5Gbps

一方でAndroidスマホに搭載されているUSB-Cの転送速度は10Gbpsです。約20倍の速さですね。

また、USB-Cの中でもThunderbolt 3という規格に対応しているものは最大40Gbpsものスピードでデータ転送が可能です。

次世代の急速充電

iPhoneも急速充電できるって聞いたけど?と思った方もいると思いますが、iPhoneの18w急速充電は過去のものとなりつつあります。

海外の方が比較動画をYouTubeに出していますのでこの動画を見るとわかりやすいでしょう。

動画では一番左端の端末がGalaxy note 10+(25w充電)で、左から三番目がiPhone11 Pro Max(18w充電) です。

左端にはiPhone11 Proもありますが、バッテリー容量的にGalaxy note 10+(4300mAh)に近いPro Max(3969mAh)を比較対象とします。※以下iPhone11 Pro MaxをiPhone、Galaxy note 10+をGalaxyと記載。

0%から充電して一時間後iPhoneが81%Galaxyが97%

最終的にフル充電までに要した時間はiPhoneが1時間53分、Galaxyが1時間4分、その差約50分というかなりの大差となりました。

USB PDに対応するUSB-Cでは最大100wまでの電力供給が可能ですので、更なる高速化が期待できますね。

次期iPhoneがUSB-Cになったら何が変わる?

先ほどの説明で想像が膨らんだと思いますが、iPhoneがUSB-Cに変更されたら得られる利点をまとめてみましょう。

  • 充電速度が更に高速化
  • 互換性の向上

高速化については先ほど述べた通りですが、Apple製品の強みである連携の強さがさらに向上します。

USB-Cを広めたのはApple

そもそもUSB-Cをいち早く取り入れたのはAppleです。ご存知の通り、Mac Book Proには一般的なUSB Type-Aの代わりにUSB-Cが搭載されており、世にUSB-Cを広めたのはAppleと言っても過言ではありません。最近ではiPadminiにもUSB-Cが採用され、いよいよiPhoneだけ取り残される未来が見えてきました。

iPadmini6のレビュー
【iPad mini6 実機レビュー】ニーズを詰め込んだ最高の1枚

今年も恒例のAppleEventが9月にあり、iPhone13シリーズ、iPad mini、Applewatchなどが発表された。その中でも大幅アップデートでひときわ注目を浴びていたのが第6世代iPa ...

続きを見る

iPhoneと持ち運ぶには充電ケーブルを2本持たなければならないというあまりスマートとは言えない仕様になっております。これはホントに煩わしいですよね…

それでもAppleがLightningにこだわる理由

例年通りなら今年の9月に発売されるであろうiPhone12ですが、USB-Cが搭載される可能性は残念ながら低いと予想されています。

なぜAppleはiPhoneにUSB-Cを搭載させないのでしょうか。

私の憶測に過ぎませんが、恐らく理由はこの2つ

  • 企業戦略
  • 品質管理

独自規格は儲かる

Appleの戦略

Lightningケーブルなどの独自規格はAppleが特許を取得しており、他のメーカーがその製品を作る際にはライセンス料を支払わなければなりません。

そのライセンス料によってAppleはかなりの利益を得ていると予想されます。

企業戦略的にLightningを手放したくないのかもしれません。

Apple MFi承認

先ほど述べた通り、Appleの周辺機器の販売元はAppleとのライセンス契約が必要です。

そのライセンス契約がMade For iPhone/iPad/iPod【MFi】と言われるものです。

Made for iPod、Made for iPhone、Made for iPad、AirPlayの各ロゴは、電子アクセサリがiPod、iPhone、iPad専用に設計され、Appleが定める性能基準を満たしていることをデベロッパが保証していることを示します。

https://developer.apple.com/jp/programs/mfi/

これにより、ユーザーは認証がある製品を買えばAppleが認めた高品質な製品を購入できます。

品質を管理することで周辺機器による本体の故障を防ぐ狙いがあるんだと思います。

また、USB-Cには規格がたくさんある為、何を買えばいいのか分からないという事態も招きかねません。

まとめ

USB-Cを搭載したスマホ

iPhone12シリーズは相変わらずLightningでしたが、そこにはAppleなりの考えがあるのかもしれません…

iPhone13ではポートが完全に無くなるという予想もありますが、やはり私はUSB-Cを搭載するのが一番無難かと思うのですが皆さんはどうでしょうか?

DIY

2022/3/12

【zoom背景にも】剝がせる壁紙で賃貸にカフェっぽい空間をDIY【貼り方解説】

最近は自宅でデスクワークがすっかり定着している。気分転換に最寄りのカフェで仕事をする人も多く見かけるが、自宅にカフェのようなワークスペースが欲しいと思ったことは無いだろうか。 最近はカフェのようなオシャレなオフィスも話題になっており、作業効率を上げるためには環境の構築も大切だと言われている。 そこで今回、貼って剥がせる壁紙で作業スペースをカフェっぽくしてみようと思う。僕は以前にキッチンをリメイクシートでリノベーションしたことがある。詳細は下記。 リメイクシートは裏がシールだったので貼り付けは比較的に容易だ ...

ReadMore

iPadmini6のレビュー

レビュー

2021/10/5

【iPad mini6 実機レビュー】ニーズを詰め込んだ最高の1枚

今年も恒例のAppleEventが9月にあり、iPhone13シリーズ、iPad mini、Applewatchなどが発表された。その中でも大幅アップデートでひときわ注目を浴びていたのが第6世代iPad miniだった。 発表を見てすぐ予約注文したので発売日にiPad miniが到着。発表当初から楽しみだったので、届いた日は iPad miniを一日中触って過ごした。一通り使ってみて iPad miniの特徴がわかってきたので解説していく。購入を迷っている方の参考になれば幸いだ。 2021 Apple i ...

ReadMore

Tapo P105レビュー

ガジェット レビュー

2021/7/28

【使い道ない?】格安スマートプラグ Tapo P105 レビュー【使用例あり】

最近「IoT家電」という単語をよく耳にする。声で操作できる家電やスマートスピーカーなど、ここ最近で多くのスマート家電が増えてきたものの、実際に導入している家庭はそう多くないように感じる。 我が家にもスマート電球を導入してみたが、便利さに感動し、家電全てをIoT化したいと思うほどまでスマート家電にハマってしまった。スマート電球のレビューは下記。 とはいえ、もともと家で使っている家電が全てIot家電であるはずもなく、スマートホーム化には買い替えしかないと思っていたが、通常の家電でもIoT化できるガジェットを発 ...

ReadMore

TP-Link TapoL510E

ガジェット レビュー

2021/5/29

【Tapo L510E レビュー】1,500円で買えるスマート電球の決定版【IoT初心者におすすめ】

最近「IoT家電」という単語をよく耳にする。声で操作できる家電やスマートスピーカーなど、ここ最近で多くのスマート家電が増えてきたものの、実際に導入している家庭はそう多くないように感じる。 そこで今回は無線LAN機器メーカーのTP-Link様から提供して頂いたIoT家電の中でも最も簡単に導入できるであろうTapo L510EというスマートLED電球を紹介する。結果としてQOL(生活の質)を格段に上げることができたので、スマート家電が気になる人は参考にしてほしい。 目次 クリックでジャンプ はじめはスマート電 ...

ReadMore

Tamron17-70mmF2.8のReview

ガジェット レビュー

2021/4/11

【1本で使用シーンの9割をカバーする】Tamron 17-70㎜ F2.8 レビュー【作例あり】

今年TamronからAPS-C用ズームレンズが発表された。発表当初から最強のレンズだとかなり話題になっていたので、初心者ながら買ってしまった。 届いて第一印象は「デカい!(笑)」ズームレンズを始めて使う僕はα6400には不釣り合いなほど大きなレンズを手にして、「失敗したかな…」なんて思いながら恐る恐る使ってみた。 しばらく使い込んでみて特徴や強みが分かってきたので、作例を交えてレビューしていく。 目次 クリックでジャンプ Tamron 17-70㎜のスペック Tamron 17-70㎜の作例 Tamron ...

ReadMore

-スマホ

Copyright© Tip Gadget , 2022 All Rights Reserved.